男性は妊活中のお酒やたばこに注意が必要!

最近では、男性の葉酸サプリの必要性が結構浸透してきましたよね?では、男性の場合は、葉酸サプリをいつからいつまで飲めば良いのでしょうか?
MENU

男性は妊活中のお酒やたばこに注意が必要!

「酒」が妊活に与える影響

 

mamanic

 

まず、が男性の妊活に与える影響についてです。

 

酒は百薬の長」という言葉もあるように、適度な量の酒は私たちの体にとって薬となる場合もあります。
一日の終わりに精神をリラックスさせたり、家族や仲間との時間を盛り上げてくれたり……。

 

仕事を終えた後の晩酌が一日の楽しみ」という男性も多いのではないでしょうか。

 

女性に比べると、酒が男性の妊活に与える影響はそれほど大きくはないようです。

 

もちろん、適正量を超えて飲み過ぎると生殖能力が低下するというデータもあるため、まったく影響がないとは言い切れませんが、夕食時にビールを1本飲む程度であれば、それほどの悪影響は心配しなくても良いでしょう。

 

むしろ、酒を我慢することでイライラしてしまい、夫婦関係がぎくしゃくしてしまう方が、妊活にはよほどデメリットです。
節度のある量を飲む分には、酒に関して言えば、それほど神経質になる必要はないかと思われます。

 

「たばこ」が妊活に与える影響

 

mamanic

 

次に、たばこについてです。

 

たばこは酒と違い「百害あって一利なし」と言われるほど、体にとってはデメリットでしかない存在です。
もちろん、妊活にとっても重大な悪影響を及ぼすことが知られています。

 

たばこを吸うと精子の数が減少し、劣化してしまいます。
また、勃起障害(ED)にかかるリスクも上昇するといわれています。
さらにたばこの厄介な点は、周囲にいる人間にも害が及ぶということです。

 

男性が喫煙者の場合、一緒にいる女性は非喫煙者だったとしても、副流煙を受動喫煙してしまいます。
女性の場合は、たばこを吸うことで血行不良を引き起こしやすくなり、結果、卵巣がダメージを受けることがわかっています。

 

さらに、一度ダメージを受けて機能低下を起こした卵巣は、二度と元には戻らないのです。

 

また、たばこは女性ホルモンの低下も招きます。
女性ホルモンが低下すると、月経は来ているのに排卵が行われない「無排卵月経」の状態となり、この状態が長引くと不妊症になってしまうのです。

 

自分だけでなく、パートナーにもこれほど甚大な被害を及ぼしてしまうたばこ。
しかも、運よく妊娠・出産できたとしても、今度は生まれてきた赤ちゃんまで副流煙に暴露させてしまうのです。

 

やはり「百害あって一利なし」の言葉に相違はありませんね。
自分と家族の健康のためにも、たばこはできるだけ早期に止めた方が良いでしょう。

 

妊娠は夫婦が協力して成立させるもの

 

mamanic

女性に比べて男性は、妊活や妊娠に対して他人事になりやすい生き物です。

 

そして、その傾向が特に現れやすいのが酒やたばこといった嗜好品との関わり方です。

 

たしかに、お腹の中で子供を育てるのは女性の役目ですが、だからといって男性は好き勝手をしていて良い、などという理屈はありません。

 

新しい命を授かり、育てるというのは大変なことです。
その大変なことを無事に成し遂げるためにも、酒やたばこといった、関わり方を間違えれば害となってしまうものに対しては、正確な知識を身につけて正しく接するように心がけたいものですね。

 

妊活中や妊娠中に、男性がどのようにふるまうのかを、女性はしっかり見ているものです。
そして、そこで生まれたひずみや亀裂は、後から修復しようとしても、なかなか元通りに埋められるものではありません。
最悪の場合は、三下り半を突きつけられる……なんてケースもあるほどです。

 

そのような事態を招かないためにも、妊娠を希望するなら、酒はほどほどに、たばこは出来るだけ止めるように心がけましょう。

 

このページの先頭へ